お客様の期待に応えるために、常に開拓者であり続ける

1959年、京セラはファインセラミックスの専門メーカー「京都セラミック株式会社」として京都で創業しました。ファインセラミックスは、従来の陶磁器とは異なり、人工的に精製した原料を用いて、厳密に管理されたプロセスで製造した新しい製品です。当時、「特殊磁器」や「ニューセラミックス」とも呼ばれました。
たった28人で創業した京セラは、間借りの社屋でスタートしましたが、当時から「いつかは京都一、日本一、世界一の会社になる」という高い目標を掲げ、日々、地道な努力をこつこつと重ねてきました。また、他社ではできないと言われた難しい仕事を引き受け、「ものづくりに懸ける熱い思い」と「挑戦する姿勢」で、困難な壁を幾度となく乗り越え、技術を蓄積してきました。それが、今日の京セラの基礎となっています。

01.会社紹介、02~05.ファインセラミック事業紹介
  1. 01.数字で見る京セラ
  2. 02.技術力と量産体制
  3. 03.新しい価値の創造
  4. 04.京セラ品質
  5. 05.お客様第一主義

会社紹介 01.数字で見る京セラ

京セラは、ファインセラミック部品や電子部品、携帯電話、太陽電池、複合機、さらに情報通信サービスなどを多角化展開する企業グループです。
幅広い事業に加え、強固な財務基盤をベースに、お客様のさまざまなご要望にお応えします。

売上高

約1兆4,228億円(2017年3月期)

京セラは、創業以来一貫して黒字経営を続け、売上高も1兆円を超える規模に成長してきました。

もっと見る

地域別売上構成比

アジア 21.4%

ヨーロッパ 16.5%

日本 42.1%

アメリカ 16.1%

その他 3.9%

グループ従業員数

京セラは、1959年に28人で創業しましたが、現在では、7万人を超える従業員が働いています。

28人(1959年創業当時)

70,153人(2017年3月期)

イメージ

イメージ

もっと見る

グループ会社数

京セラグループのシナジーを発揮し、世界のお客様に新たな価値を届けます。

231社(2017年3月31日時点)

イメージ:海外、国内

自己資本比率

資金面で余裕のある経営に努めてきたため、総資産に占める自己資本比率は、70%以上の高水準を維持しています。

78.9%(2017年3月期)

京セラ78.9%

ファインセラミック事業紹介 02.技術力と量産体制

高い専門性と幅広い技術力。また、充実した量産体制で貴社のご要望にお応えします。

50年以上にわたる研究開発や製造ノウハウを蓄積しており、多くのコア技術を自社で保有しています。これらの力を融合し"新技術・新製品開発"、"量産体制の構築"、"高い課題解決力"でお客様のご要望にお応えしていきます。

もっと見る

コアテクノロジー

  • 材料技術
    京セラは、酸化物、非酸化物、金属複合体を含む200種類以上のセラミック材料を提供します。
  • プロセス技術
    大型の焼成炉やCIP装置などの設備を保有。豊富な成形/加工/接合技術を有します。
  • 設計技術
    HPCサーバーを最大限活用することで、自社内でさまざまな応力/熱/振動などの解析が可能です。
  • 計測・評価技術
    自社で数多くの精密計測、検査装置を保有し、さまざまな分析、評価が可能です。

新技術・新製品開発、高い課題解決力、量産体制の構築

03.新しい価値の創造

チャレンジし続ける

京セラは、独創的な多くのセラミック部品を世の中に送り出し、お客様の技術革新に貢献してきました。今後も新たな価値を創造できるように、チャレンジしていきます。

図:新製品(1960年~2010年)
  • 電子工業用製品
  • 産業機械用部品
  • 誘電体共振器部品
  • 半導体製造装置用部品
  • 液晶製造装置用部品
  • LED用サファイア基板
イメージ

04.品質·顧客満足度向上への取り組み

品質重視

京セラグループでは、CS(顧客満足)指標の改善ならびに品質情報の共有による品質問題の未然防止、再発防止をはかるため、社長を委員長とした「京セラグループCS向上委員会」を定期的に開催しています。ISO 9001を基礎とした品質マネジメント体制を確立し、各事業部門で品質目標の設定と、その達成に向けた改善活動を行っています。さらに、これらの改善活動は、種々の品質関連研修によって、継続的にレベルアップがはかられています。本研修では、京セラ式の系統図などの実習を通じて、品質問題に対して円滑な対応ができるよう実践力向上に努めています。

05.お客様第一主義

お客様第一主義を貫く企業哲学

お客様に喜んでいただく製品やサービスを提供する。わたしたちは「お客様第一主義」を最も大切なテーマととらえています。
京セラ独自の経営管理手法である「アメーバ経営」と、人の心をベースとする経営から生まれた「京セラフィロソフィ」の実践を通じ、ニーズを的確に捉えられるよう、お客様の声に対し、真摯に耳を傾けます。
お客様を第一に考え、お客様に新たな価値を届け続ける、そんな企業でありたいと考えています。

イメージ

このページのTOPへ