1. Home
  2. 製品情報
  3. ファインセラミックス
  4. 学ぶ・活用する
  5. コストを考慮した設計ポイント
ファインセラミックス
学ぶ

コストを考慮した設計ポイント

ファインセラミックスは高精度な加工ができる反面、難削材であり研削加工費は高くなります。できるだけ単純形状にし、研削加工を少なくすることがコストを抑えるポイントとなります。

内径キー溝形状

内径キー溝形状では、角溝を避け、スミRを設けるあるいはフルR溝とすることで、加工を容易にし、 応力集中を緩和する。

study_design-cost_01.jpg

位置決め用形状

位置決め用形状では外部突起はコストアップになるため、位置決め穴・ノッチ・スロットなどがベター。

study_design-cost_02.jpg

溝形状①

溝形状は、貫通溝が経済的で、止まり溝はコストアップになる。

study_design-cost_03.jpg

溝形状②

溝形状では、アリ溝・T溝などのアンダーカット形状は避けること。
(専用ツール<ダイヤ砥石>が必要でありコストアップになる)

study_design-cost_04.jpg

角穴形状

角穴形状は、穴加工のスミ部を直角にはできず、できるだけ大きなRをつける。

study_design-cost_05.jpg

内外径溝形状

内外径溝形状では、内径側はできるだけ加工を減らし、外径形状でカバーする。 内径加工は外径加工に比べ、コストアップになる。

study_design-cost_06.jpg
お問い合わせ