太陽電池モジュール

  • 製品特長
  • 製品一覧
  • 仕様

高効率多結晶シリコン太陽電池モジュール

型式 KK270P-3CD3CG KK265P-3CD3CG KK2381P-3CD4CG KK200P-3CRCG
太陽電池モジュール
公称最大出力 270W 265W 238.1W 200W
公称最大出力動作
電圧
31.0V 31.0V 28.0V 23.6V
公称最大出力動作
電流
8.71A 8.55A 8.51A 8.48A
公称開放電圧 38.3V 38.3V 34.0V 29.5V
公称短絡電流 9.43A 9.26A 9.21A 9.28A
セル実効変換効率※1 18.4% 18.1% 18.1% 17.1%
モジュール変換効率※2 16.4% 16.1% 16.0% 14.7%
外形寸法 (W) 1662mm 1662mm 1500mm 1338mm
外形寸法 (L) 990mm 990mm 990mm 1012mm
外形寸法 (H) 46mm 46mm 46mm 36mm
質量 19.0kg 19.0kg 17.5kg 16.5kg
JET認証書番号※3 PV03-53202-1073 PV03-53202-1073 PV03-53202-1079 PV03-53202-1068
型式 KK233P-3CG3CG
太陽電池モジュール
公称最大出力 233W
(積雪地域対応)
公称最大出力動作
電圧
27.3V
公称最大出力動作
電流
8.55A
公称開放電圧 33.8V
公称短絡電流 9.18A
セル実効変換効率※1 17.7%
モジュール変換効率※2 15.6%
外形寸法 (W) 1500mm
外形寸法 (L) 990mm
外形寸法 (H) 46mm
質量 19.0kg
JET認証書番号※3 PV03-53202-1076

独立電源用太陽電池モジュール

型式 KD135SX-RP KD95SX-RP KD70SX-RP KD50SE-RP
太陽電池モジュール
公称最大出力 135W 95W 70W 50W
公称最大出力動作電圧 17.7V 17.9V 17.9V 17.9V
公称最大出力動作電流 7.63A 5.31A 3.92A 2.80A
公称開放電圧 22.1V 22.1V 22.1V 22.1V
公称短絡電流 8.37A 5.81A 4.30A 3.07A
外形寸法 (W) 1500mm 1043mm 778mm 706mm
外形寸法 (L) 668mm 660mm 660mm 744mm
外形寸法 (H) 58mm 58mm 57mm 57mm
質量 12.5kg 8.5kg 6.5kg 6.5kg
JET認証書番号※3
  1. ※1:セル実効変換効率(%)=[モジュール公称最大出力(W)×100]÷[1セルの全面積(m2)×1モジュールのセル数(個)×放射照度(W/m2)](放射照度=1,000W/m2)
  2. ※2:モジュール変換効率(%)=[モジュール公称最大出力(W)×100]÷[モジュール面積(m2)×放射照度(W/m2)](放射照度=1,000W/m2
  3. ※3:JET認証書番号とは、一般財団法人電気安全環境研究所による太陽電池モジュールの規格適合性試験、製造工場の品質管理体制等の確認を経て認証された番号となります。
  • ●表記の数値(出力、電圧、電流)は、JIS C8990で規定するAM1.5、放射照度1,000W/m2、モジュール温度25℃での値です。
  • ●これらの太陽電池モジュールに採用されている太陽電池素子の製造技術の一部は、経済産業省の新発電技術実用化開発費補助金および、NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の太陽光発電システム実用化技術開発の成果によるものです。
  • ●太陽電池モジュールの受光面は保管状態及び設置環境により色合いが変化することがありますが、ガラスの特性によるもので製品性能に影響するものではありません。

安全に関するご注意ご使用の前に(すぐにご使用を始めない場合でも設置工事完了後すみやかに)、
取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使いください。

警告取り扱いを誤った場合、使用者が死亡、または重傷を負う可能性が想定される場合。

  • 工事はお買い上げの販売会社・専門業者へご依頼ください。
  • 自立運転の際、生命に関わる機器は絶対に接続しないでください。
    自立運転の際、供給される電力は不安定です。

注意取り扱いを誤った場合、使用者が軽傷を負う危険が想定される場合、および物的損害のみの発生が
想定される場合。

  • 塩害が心配される地域・垂直積雪量1m以上(防水アンカー工法での設置除く)の地域に設置する場合は、販売窓口にご相談ください。
  • システム以外の機器との接続は行わないでください。
    種類の異なる太陽電池等と接続すると出力に損失を生じたり、システム機器を損傷する恐れがあります。
  • 自立運転の際、途中で電源が切れると困る機器は接続しないでください。
  • パワーコンディショナや配線から発生する電気的ノイズが、近隣(目安として半径100m以内)のアマチュア無線やラジオ等の電波受信に影響を与えることがあります。
    近隣にアマチュア無線等のアンテナがある場合は、購入される前に販売窓口へご相談ください。
  • アース工事を行ってください。[C種・D種接地工事]
    アースが不完全な場合、感電の恐れがあります。アース線は、ガス管・水道管・避雷針・電話のアース線に接続しないでください。

まずはお気軽にご相談ください。

電話で問い合わせる フリーコール 0120-58-0526(無料) 受付時間 9:00〜17:00 土曜・日曜・祝祭日含む

  • 資料請求・お問い合わせ
  • カタログダウンロード
このページのTOPへ
住宅用太陽光発電システム
公共・産業用太陽光発電システム