THE NEW VALUE FRONTIER

太陽電池架台

製品一覧

陸屋根設置

固定用の基礎を設けた上に、耐食性・耐久性に優れた傾斜架台を設置し、その上に太陽電池モジュールを強固に固定することで、強風時の安全性を確保できます。

防水アンカー工法 ※1

独自の防水アンカーと専用金具により、基礎工事の必要がなく、工期日程の短縮化を実現。屋根面への重量負荷も軽減します。屋根全体の防水工事を同時に行うことも可能で、経年数の長い屋根にも安心して設置できます。

傾斜屋根設置

屋根形状や屋根材に応じて細かく設置方法を設定しており、屋根の美観を損なわないよう、屋根面からの仕上がりの高さを抑えた構造としています。

  • ※1既設の防水層が保護防水仕上げの場合は屋根全体の防水工事が必要になります。この工法で利用できるシート防水のメーカーと種類には指定があります。

安全に関するご注意 ご使用の前に(すぐにご使用を始めない場合でも設置工事完了後すみやかに)、
取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使いください。

警告 取扱いを誤った場合、使用者が死亡、または重傷を負う可能性が想定される場合。

  • 工事はお買い上げの販売会社・専門業者へご依頼ください。
  • 自立運転の際、生命に関わる機器は絶対に接続しないでください。
    自立運転の際、供給される電力は不安定です。
  • 可燃性ガスや引火物を近く(60cm以内)に置いたり、近くで使用したりしないでください。
    電気部品のスパークで漏れたガスや引火物などに引火するおそれがあります。

注意 取扱いを誤った場合、使用者が軽傷を負う危険が想定される場合、および物的損害の発生が想定される場合。

  • 積雪や屋根からの落雪が心配な地域に設置する場合、直接海水等が飛散する場所への設置は、販売窓口にご相談ください。
  • システム以外の機器との接続は行わないでください。
    種類の異なる太陽電池等と接続すると出力に損失を生じたり、システム機器を損傷するおそれがあります。
  • 自立運転機能や非常時設定では、負荷によって使用できないものがあります。
    また、自立運転機能では、日射量によっては途中で電源が切れる場合があります。
  • パワーコンディショナや配線から漏れる電気的ノイズが、近隣(目安として半径100m以内)のアマチュア無線やラジオなどの電波受信に影響を与えることがあります。近隣にアマチュア無線などのアンテナがある場合は、購入される前に販売窓口にご相談ください。
  • アース工事を行ってください。[C種・D種接地工事]
    アースが不完全な場合、感電のおそれがあります。アース線は、ガス管・水道管・避雷針・電話のアース線に接続しないでください。
お問い合わせ