Facebook Twitter LINE Linkedin

ファインセラミックスは、最先端技術の進歩発展を支える高機能材料です。

異なる特性を持つファインセラミックスの種類

多種多様の製品が産業・社会を支える

目的や用途に応じて選べる!

ファインセラミックスには、アルミナやジルコニア、炭化ケイ素、窒化アルミニウムなど、いろいろな種類があります。製造技術が進化し、使用する原料の種類や粒子の細かさ、焼き方などを変えることで、それぞれ違った特性を持たせることができます。用途や目的によって、適したファインセラミックスの材料を選び、形を決め、焼結させて、製品を作りあげていきます。

アルミナ Al2O3

ファインセラミックスの代表として広く利用されている材料です。
機械的強度、電気絶縁性、高周波損失性、熱伝導率、耐熱性、耐摩耗性、耐食性に優れています。サファイアはアルミナの単結晶です。


ジルコニア ZrO2

高い強度と靭性をもったファインセラミックスです。従来は不可能とされていた刃物(ハサミや包丁など)にも利用されています。単結晶は屈折率が大きくダイヤモンドのような輝きが得られ宝飾品にも利用されています。


窒化ケイ素 Si3N4

高温における強靭性、耐熱衝撃性に優れ、軽量で耐食性も高いため、エンジン部材に最適です。


炭化ケイ素 SiC

天然には存在しない人工化合物で、珪砂と炭素から合成されます。高温(1,500℃)まで強度が持続するほか、軽量で耐食性も高く、耐熱材料として優れています。


コーディエライト 2MgO·2Al2O3·5SiO2)

特に低熱膨張であるので耐熱衝撃性に優れています。ハニカム担体などの多孔質材料、電熱器耐火物、化学工業用装置材料などに用いられます。


フェライト M2+O·Fe2O3

ファインセラミックスの磁性体です。透磁率が高く、電気抵抗が大きく、耐摩耗性に優れているので磁気ヘッドや高周波用磁芯として広く用いられています。


チタン酸バリウム BaTiO3

ファインセラミックスの中でも高い誘電率を持ち、電気をためる性質に優れているため、主にコンデンサ部品の材料に使われます。添加する元素により誘電性が大きく変化します。


チタン酸ジルコン酸鉛 Pb(Zr,Ti)O3

電気信号を加えると振動したり、反対に振動を電気信号に変える働きを持つ圧電材料です。この特性(圧電性)を生かし、さまざまな電子部品(セラミック発振子、セラミックフィルタ、ピエゾ素子など)に使われています。


フォルステライト 2MgO·SiO2

マイクロ波の損失が小さく、高温の絶縁性にも優れます。表面が平滑であり、電子管部品、回路部品基板などに用いられます。
熱膨張係数が大きく、金属やガラスと接合させやすいことも特長です。


ジルコン ZrO2·SiO2

熱膨張係数が小さく、耐熱衝撃性に優れるため、耐熱部品、巻線抵抗ボビン、電子管部品などに用いられています。


ムライト 3Al2O3·2SiO2

耐熱性および耐熱衝撃性に優れ、特にクリープ特性が良好な、優れた耐熱材料です。熱膨張係数が半導体シリコンチップに近いことも特徴です。


ステアタイト MgO·SiO2

電気的、機械的特性は通常の磁器より優れており、機械加工性も良好です。



窒化アルミニウム AlN

熱伝導率が高いので、放熱性が求められる半導体部品のパッケージ材料などに用いられています。

ファインセラミックスの木

ここでは、さまざまな製品に使用しているファインセラミック材料を特性や産業分野ごとに枝葉が分かれ大きく茂った木として表現しました。

凡例
クリックで拡大できます
図:ファインセラミックスの木

このページを読んだ人はこんなページも読んでいます。

ファインセラミックスをビジネスで
ご利用されたい方はこちらをご覧ください

図:ファインセラミックスの木

閉じる