Facebook Twitter LINE Linkedin

ファインセラミックスは、最先端技術の進歩発展を支える高機能材料です。

ファインセラミック製ナイフのつくり方(事例)

高度な技術から切れ味鋭いナイフが誕生

顆粒状の粉末をナイフ形の金型に充填し焼成

ファインセラミック製ナイフができるまで

図:ファインセラミック製ナイフの作り方

水と原料の粉そして、粉砕用のセラミックボールとともに“ミル”と呼ばれるミキサーのような装置に入れて粉砕、混合します。

図:ファインセラミック製ナイフの作り方

1μm(0.001mm)ほどの小さな粒子に大きさを揃え、スラリー状の原料にすることによって均一に混合されます。
※スラリー:水にファインセラミック粒子が混ざった泥水状態のもの。

図:ファインセラミック製ナイフの作り方

スプレードライヤーという装置でスラリー状の原料から水分を蒸発させて、顆粒状の粉末にします。

1μm(0.001mm)程の小さな粒

図:ファインセラミック製ナイフの作り方

顆粒状の粉末をナイフ形の金型に充填します。

図:ファインセラミック製ナイフの作り方

1cm2 あたり約1トンの力をかけて押し固め、成形します。

図:ファインセラミック製ナイフの作り方

焼成炉の中で焼き固めます。温度を細かく管理するところが他の焼きものと大きく違うところです。

図:ファインセラミック製ナイフの作り方

焼成すると、焼成前と比べて大きさは3/4、体積は半分近くまで縮みます。あらかじめ縮むことを考慮して成形しているので、焼成後の大きさがねらい通りの寸法に仕上がります。

図:ファインセラミック製ナイフの作り方

ダイヤモンド製の砥石で研いで、鋭い刃になるように仕上げます。

図:ファインセラミック製ナイフの作り方

完成です。

セラミックナイフのご紹介

このページを読んだ人はこんなページも読んでいます。

ファインセラミックスをビジネスで
ご利用されたい方はこちらをご覧ください