Facebook Twitter LINE Linkedin

ファインセラミックスは、最先端技術の進歩発展を支える高機能材料です。

熱とファインセラミックス①

熱に強い「耐熱性」

焼きものであるレンガやタイルが熱に強いことはよく知られていますが、ファインセラミックスは、さらに耐熱性が高いことも特長です。アルミニウムは約660℃で溶けだすのに対し、アルミニウムの酸化物であるアルミナ(ファインセラミックス)は2,000℃以上にならないと溶けたり分解したりしません。

gifアニメーション:耐熱性

動画で見るファインセラミックスの耐熱性


用途 : エンジン部品、金属溶湯部品

解説

耐熱性/耐熱衝撃性

ファインセラミックスの熱に強い性質は、物質が熱で溶けだす融解温度を示す「耐熱性」と、急激な温度変化にどこまで耐えられるかを示す「耐熱衝撃性」で表されます。特に熱に強い窒化ケイ素では、水中落下による耐熱衝撃性でも、水冷で550℃という高い性能を有しています。このため、窒化ケイ素は、特に大きく温度が上下する部分に使う材料に適しており、エネルギー産業や金属製造などの高温分野で利用されています。

耐熱衝撃性(水中落下)
図:耐熱衝撃性(水中落下)グラフ 窒化ケイ素550度、炭化ケイ素400度、ジルコニア300度、アルミナ200度 (測定方法/JIS R1648-2002)

※グラフ値の引用については「グラフ値の引用について」よりご確認ください。

ファインセラミックスの熱衝撃抵抗
物質の熱衝撃抵抗は、急冷により破壊が生じたときの加熱されたファインセラミックスと冷却媒体の温度差で示されます。急激に冷却されたときに内部と表面に生じる温度差により発生する内部応力が、ファインセラミックスの強度を越えたときに破壊します。温度差は、「ファインセラミックスの熱伝導度」と「ファインセラミックスと冷却媒体との熱伝達係数」で決まります。また、発生する応力はファインセラミックスのヤング率、熱膨張係数、内部と表面の温度差の積で求められます。

動画で見るファインセラミックスの耐熱衝撃性

このページを読んだ人はこんなページも読んでいます。

ファインセラミックスをビジネスで
ご利用されたい方はこちらをご覧ください