Facebook Twitter LINE Linkedin

ファインセラミックスは、最先端技術の進歩発展を支える高機能材料です。

環境にも貢献するファインセラミックス

発電効率が良くエコライフに最適!

家庭用固体酸化物形燃料電池(SOFC)の心臓部に採用

家庭用固体酸化物形燃料電池(SOFC)とは、電気を作る発電ユニットと、発電時に発生する熱でお湯を作る給湯ユニットの2つで構成されています。エネルギー効率が高く、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出や、窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)などの発生が極めて少ない、家庭でのエコロジー生活に適したシステムとして、今後の普及が期待されています。

セル 複数のセラミック材料を積層して作られます。燃料となる都市ガスやプロパンガスから水素を取り出し、酸素と化学反応させて電気を作る発電体です。 セルスタック 燃料電池の心臓部にあたる、セルの集合体です。セルを直列に接続することで、電圧や出力を高めています。 家庭用固体酸化物形燃料電池(SOFC)発電ユニット

家庭用固体酸化物形燃料電池(SOFC)システムの仕組み

ファインセラミックスのここに納得!

燃料電池は、システムの心臓部に使われるセルの材料によってさまざまなタイプがあります。家庭用では、すでに高分子電解質膜を用いた固体高分子形燃料電池(PEFC)がありますが、京セラは、PEFCよりさらに発電効率の高い固体酸化物形燃料電池(SOFC)の開発を進め、セルの材料に耐熱性、耐久性に優れたファインセラミックスを用いることで、世界最高レベルの発電効率を実現しました。
※定格出力1kW以下の家庭用燃料電池で世界最高の発電効率(2016年2月24日時点の大阪ガス(株)調べ)

家庭用燃料電池の種類

固体高分子形燃料電池(PEFC) 固体酸化物形燃料電池(SOFC)
セル(電解質) 高分子(水素イオン交換膜) ファインセラミックス(ジルコニア)
作動温度 常温~90℃ 700℃以上
発電効率 35~40% 50%以上
主な用途 家庭用コージェネレーション
自動車
家庭用/業務用コージェネレーション

ファインセラミックスをビジネスで
ご利用されたい方はこちらをご覧ください