THE NEW VALUE FRONTIER

屋根材一体型

POINT屋根材との一体型モジュールで、見た目にもスッキリと美しいシステム

設置イメージ

設置イメージ1

設置イメージ2

太陽電池がそのまま屋根瓦になった屋根材一体型

設置イメージ3

1枚ずつ脱着可能なフロントカバーを採用

屋根瓦が減る分、費用負担も軽くなる合理的なシステム

屋根との一体感を生み出す高い意匠性

HEYBANは、平板瓦葺きと同じ「段葺き」の葺き合わせができる屋根材タイプ。黒バックシートを採用し、バスバー電極方向を横向きに変更したことで、屋根との一体感が高まります(意匠登録済)。さらに軽量化により、瓦葺きと比べて屋根への負担も低減します。

安全性とメンテナンス性にも配慮

各太陽電池モジュールの軒先側にリブが付いていますので、優れた雪止め性能注を有しています。また、モジュールが1枚ずつ脱着可能なフロントカバーを採用。メンテナンスが容易に行えます。

  • 注:少積雪地域(積雪30cm以下)対応のリブですので、積雪30cmを超える地域では、太陽電池上の雪が落ちる場合があります。
    〈リブによる雪止め性能は、雪止めを保証するものではありません。〉

製品一覧

屋根材との一体型太陽光発電システムヘイバーンのラインアップをご紹介します。

型式
KH78S-4E6CB※
希望小売価格
オープン価格
公称最大出力 78W
セル実効変換効率 平均19.3%
モジュール変換効率 平均13.9%

受注
生産

型式
KH65S-4E5CB※
希望小売価格
オープン価格
公称最大出力 65W
セル実効変換効率 平均19.7%
モジュール変換効率 平均13.9%

受注
生産

型式
KH495S-4E4CB※
希望小売価格
オープン価格
公称最大出力 49.5W
セル実効変換効率 平均19.2%
モジュール変換効率 平均13.2%

受注
生産

  • 建築基準法第68条の26第1項、第63条並びに同法施行令第136条の2の2第一号及び第二号の規定する認定を取得。 国土交通省 国住指第2594~7号 認定番号DR-1835(1)~(4)、国住指第2598号 認定番号DR-1836、国住指第2599~2606号 認定番号DR-1837(1)~(8)
  • 本文中の「公称最大出力」は、JIS C 8990で規定するAM1.5、放射照度1,000W/m2、モジュール温度25℃での値です。 「セル実効変換効率(%)」は[モジュール公称最大出力(W)×100]÷[1セルの全面積(m2)×1モジュールのセル数(個)×放射照度(W/m2)] (放射照度=1,000W/m2)、「モジュール変換効率(%)」は[モジュール公称最大出力(W)×100]÷[モジュール面積(m2)×放射照度(W/m2)] (放射照度=1,000W/m2)、で算出しています。
お問い合わせ