Facebook Twitter LINE Linkedin

ファインセラミックスは、最先端技術の進歩発展を支える高機能材料です。

製造方法から探す-A-Z

材料・特性・用途から探す

ファインセラミックス用語 150

CIP(シップ)

原料となる粉体又はか(顆)粒をゴムなどの伸縮性をもつ成形型に充てん(填)し、それを圧縮容器中で、加熱せずに、圧力伝達液を介し、静水圧によって等方的に加圧して粉体を固化させる成形法。冷間等方圧プレス成形、静水圧プレスともいう。

HIP(ヒップ)

高温下で圧力媒体を介して等方向に加圧し、粉体・粉末成形体又は予備焼結体を焼結する装置又は操作。熱間静水圧プレス、熱間等方圧焼結ともいう。

Mo-Mn法(モリブデンーマンガン)

セラミックス表面に、Moを約20mas%含むMn混合粉のペーストを塗布し、加湿フォーミングガス(N2/H2)中、1300~1700℃でメタライズする方法。高融点金属法の一種。

ファインセラミックス用語辞典は、日本規格協会発行のJIS R 1600:1998ファインセラミックス関連用語より抜粋し掲載しています。JISに関しては、書店または一般財団法人 日本規格協会へお問合せください。

ファインセラミックスをビジネスで
ご利用されたい方はこちらをご覧ください