Facebook Twitter LINE Linkedin

ファインセラミックスは、最先端技術の進歩発展を支える高機能材料です。

深海で活躍するファインセラミックス

海底地震観測にも役立っています

高耐圧の容器で計測器をガード

海底地震観測の現場を支えるファインセラミック材料

高い圧縮強度、耐食性、密度の小ささなど、深海用の耐圧容器としてファインセラミックスが真価を発揮します。
水深6,900m級に使用されるガラス製の耐圧容器に対して、容器の素材に窒化ケイ素を採用することにより、世界一深いといわれるマリアナ海溝の11,000m級の深海に、自己浮上型海底地震計の設置が可能となったのです。

写真:自己浮上型海底地震計

写真提供:海洋研究開発機構(JAMSTEC)

自己浮上型海底地震計とは

自己浮上型海底地震計とは、海底で地震を観測・記録する装置です。
観測終了後、本体のみを海面に浮かせ、船で回収したあと、地震データを解析します。
海底地震計の中には地震データの記録装置が高耐圧のガラス製容器に入れられたものもあります。より深い海底で計測するため、今後はより耐圧性の高いファインセラミック製容器のニーズが高まると考えられています。

図:自己浮上型海底地震計とは

※ファインセラミック製容器を使用したイメージ図
写真提供:海洋研究開発機構(JAMSTEC)

ファインセラミックスと金属の強度・密度の比較

図:ファインセラミックスと金属の強度・密度の比較

※グラフの値は参考値となります。
資料提供:海洋研究開発機構(JAMSTEC)

上のグラフはファインセラミックス(窒化ケイ素・アルミナ)と金属(高強度ステンレス・チタン合金)の比較です。ファインセラミックスは、金属より強度があり、密度も小さいことが確認できます。

このページを読んだ人はこんなページも読んでいます。

ファインセラミックスをビジネスで
ご利用されたい方はこちらをご覧ください