THE NEW VALUE FRONTIER
  1. Home
  2. サステナビリティ
  3. 環境への取り組み
  4. 環境安全方針・目標と推進体制

環境安全方針・目標と推進体制

京セラグループは、創業以来、「敬天愛人」の社是のもと、「社会との共生」、「世界との共生」、そして「自然との共生」という3つの「共生(LIVING TOGETHER)」をすべての企業活動の基本に置き、エコロジー(環境性)とエコノミー(経済性)の両立を追求しながら持続的な発展をめざす環境経営にグループを挙げて取り組んでいます。

ファインセラミックスの原材料や化学薬品など、京セラグループは、多くの化学物質を生産過程で扱いますが、例えば工場において排水処理などを行うときは、「放流先河川よりきれいな状態まで浄化してから排出しなければならない」と考えています。その時々の最新技術をもって、可能な限り無害化処理するというのが、京セラグループの考え方です。

このような考えのもと、京セラグループでは、環境の基本理念である「京セラ環境憲章」を1991年に制定しました。2015年には持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)や温室効果ガス排出削減等に関するパリ協定が採択された状況を踏まえ、さらに環境負荷の低減に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献することを目指し、「京セラグループ環境安全方針」を制定しました。また、「京セラグループ長期環境目標」を策定し、より積極的かつ継続的な環境保護活動を推進しています。

京セラグループ環境安全方針

京セラグループは、経営理念を基本とした環境安全に関する総合的な取り組みを、製品開発、調達、製造、流通、販売、お客様先でのメンテナンス、資源回収と再利用、そして廃棄に至るまでのバリューチェーン全体で推進するため、環境と安全衛生の方針を統合した「京セラグループ環境安全方針」を制定しています。下記方針の対象となる事業活動にはM&A による事業拡大を含み、デュー・ディリジェンスによって潜在的な環境リスクを把握し、買収後の改善計画へ反映しています。

京セラグループ環境安全方針

法令およびその他事項の遵守

  • 環境安全に関する法令、当社の同意した事項および自主基準を遵守します。

地球環境に貢献する商品の提供

  • 地球環境の改善に貢献する商品や、製品のライフサイクルを通して環境負荷を低減した商品の研究・開発および普及・拡大をはかります。

持続可能な社会への貢献

  • バリューチェーン全体で温室効果ガス排出量を抑制し、脱炭素社会への実現に貢献します。
  • 環境負荷の少ない資源の調達、新規資源投入量や廃棄物排出量の最小化に努め、持続可能な資源の利用をはかります。
  • すべての工程における化学物質の適正管理により、環境汚染の防止に努めます。
  • 自然環境への負荷を極小化し、守り育てることにより、生物多様性保全を促進します。

従業員の健康・安全確保と事故災害の防止

  • 事故災害の無い安全で安心して働ける職場の実現に向けて、事業活動に関わる全ての人が全員参加で活動を行う企業風土をつくります。
  • リスクアセスメントを実施し、危険源の除去および労働安全衛生リスクを低減することにより、事故災害の防止をはかります。
  • 心身の健康増進をはかり、従業員が健康で働きがいを感じ、能力を最大限発揮できる労働環境をつくります。

ステークホルダーコミュニケーションの実施

  • 様々なステークホルダーとコミュニケーションをはかると共に、社会貢献活動への参画・支援を行います。

環境安全マネジメントシステムの運用

  • 事業活動にあたり、マネジメントシステムの運用を通じて、経営理念を基本とした環境安全に関する取り組みを積極的に推進し、環境安全パフォーマンスの継続的な改善を行います。

2020年4月1日
京セラ株式会社 代表取締役社長
谷本 秀夫

長期環境目標

2016年、パリ協定が発効され、国家や企業が温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいます。京セラグループも気候変動対策を重要課題と考えており、2018年に長期環境目標(2℃水準:2030年度GHG排出量30%削減 2013年度比)を設定し、2019年にSBT認定を受けました。その後、社会的要請などから目標の更新検討を進め、2021年に1.5℃水準(2030年度46%削減 2019年度比、2013年度比換算で2030年度56%削減相当)に目標を更新しました。

京セラグループ長期環境目標

  • 温室効果ガス排出量(Scope1,2)排出削減目標(1.5℃水準):2030年度46%削減(2019年度比)
  • 温室効果ガス排出量(Scope1,2,3)排出削減目標(1.5℃水準):2030年度46%削減(2019年度比)
  • 再生可能エネルギー導入量:2030年度20倍 (2013年度比)
  • 2050年度 カーボンニュートラル

Scope1:燃料使用に伴う直接排出

Scope2:外部から購入する電力や熱の使用に伴う間接排出

Scope3:Scope1、2以外の間接排出(原料調達、輸送、使用、廃棄の他、従業員の通勤、出張など)

京セラグループは2019年度にScope1,2およびScope1,2,3の目標(2℃水準)について、国際的な環境団体であるSBTイニシアチブより「SBT(Science Based Targets)」の認定を取得しています。2021年度に更新した1.5℃水準の目標はSBT申請中です。

画像:SBTロゴ

環境推進体制

京セラグループでは、経営理念を基本とした環境の取り組みを積極的に推進し、環境パフォーマンスの継続的な改善を行うため、社長をトップとした環境経営推進体制を構築し、環境関連の施策を推進しています。
京セラグループ全体で環境安全管理上のルール・基準を浸透させ、継続的な改善を進めるための仕組みとして、「Kyocera Group EHS Manual Basic Edition」および「Kyocera Group EHS Standards」を2020年10月に制定しました。この仕組みを京セラグループ全体に展開し、グローバルな環境安全管理体制の強化を進めております。
なお、国内グループの主要拠点と一部の海外拠点については、ISO14001の統合認証を取得しています。

図:環境推進体制

環境教育

京セラグループでは、従業員一人ひとりの環境保護活動に取り組む意義や役割を理解するため、体系的な環境教育を行っています。
具体的には一般・啓発教育と専門教育の2つに分類し、階層や職能などに合わせて計画的な教育を行うことで、環境意識の向上をはかっています。

図:環境教育

従業員の環境意識向上への取り組み

京セラグループでは、毎年6月を、省エネや節電などをはじめとした環境保護活動を重点的に実施する、「京セラグループ 環境月間」とし、環境意識の向上と工場・事業所における環境保護活動の充実をはかっています。2021年は、プラスチック問題に関するe-ラーニング教育やグリーンカーテンの育成、省エネパトロールなどの活動を行いました。e-ラーニング教育は、国内および海外の全社員を対象に、使い捨てプラスチック問題の現状を理解し、業務や家庭でのプラスチック削減に活かしてもらうことを目的としています。引き続き、従業員の環境意識向上に向けて、様々な取り組みを行ってまいります。

画像:啓発を目的としたポスター
啓発を目的としたポスター
画像:e-ラーニング教育(プラスチック問題について)
e-ラーニング教育(プラスチック問題について)

環境監査

京セラグループでは、ISO14001規格の要求項目にもとづいて環境マネジメントシステムが適切に運用されているかを確認することを目的に定期的な内部監査を実施しています。
なお、監査結果は遅滞なく是正処置を講じるとともに、環境マネジメントシステムの見直し・改善に反映しています。

画像:環境監査
環境監査

環境経営に対する主な評価

京セラの環境経営に対する取り組みは、各種機関より高い評価を得ております。