THE NEW VALUE FRONTIER

学術·研究支援

稲盛財団「京都賞」への支援

「人のため、世のために役立つことをなすことが、人間として最高の行為である」、また「人類の未来は、科学の発展と人類の精神的深化のバランスがとれて初めて安定したものになる」との創業者・稲盛和夫の理念に基づき、1984年に稲盛財団が設立されました。同財団が運営する京都賞は、「先端技術」、「基礎科学」、「思想・芸術」の3部門において、すばらしい功績をあげた方を顕彰する国際賞として同年に創設され、受賞者にはそれぞれディプロマ(賞状)、京都賞メダル、一賞につき賞金1億円が贈られます。
毎年11月には、授賞式のほか、受賞者が市民に対して研究の歩みや人生観を語る講演会、専門家を交えた学術的なワークショップ、鹿児島県での講演会などが開かれています。また、米国サンディエゴでは2002年より、英国オックスフォードでは2017年より、地元の大学生や市民を対象とした京都賞の記念行事が開催されています。
京セラはこの趣旨に賛同し、積極的に支援しています。
※新型コロナウイルスの感染拡大の状況を受け、2020年度の京都賞は中止しました。

画像:2018年度 受賞者
2019年度 受賞者
画像:京都賞授賞式
京都賞授賞式
画像:米国サンディエゴで開かれた京都賞シンポジウム©Erik Jepsen/UC San Diego
米国サンディエゴで開かれた京都賞シンポジウム
(Photo by Erik Jepsen/UC San Diego)
画像:英国オックスフォードで開かれた京都賞シンポジウム
英国オックスフォードで開かれた
「Kyoto Prize at Oxford」Photo by John Cairns

九州大学「稲盛フロンティア研究センター」の運営を支援

心と技術の調和に貢献する研究活動や若手研究者の交流と育成を目的として、九州大学に創設された「稲盛フロンティア研究センター」。京セラは同センターの設立趣旨に賛同し、2008年より奨学寄付金を贈呈するなど、同センターの運営を支援しています。2019年10月、当センターの教授2名が「京セラ教授職」に九州大学から任命され、基礎研究から実用化を目指した最先端の研究開発を実施中です。

画像:稲盛フロンティア研究センターが入る稲盛財団記念館
稲盛フロンティア研究センターが入る稲盛財団記念館

鹿児島大学「稲盛アカデミー棟」の建設を支援

2000年、鹿児島大学工学部に寄付講座「京セラ経営学講座」が開設。2005年に「稲盛経営技術アカデミー」が発足し、2008年に「稲盛アカデミー」へ改組されました。2008年には、「稲盛アカデミー棟」が建設され、人間力の総合育成を目指した教育が行われています。

画像:稲盛アカデミー棟
稲盛アカデミー棟

米国4大学の研究活動を支援

京セラは、長年携わってきた米国エレクトロニクス産業への感謝を示すとともに、同産業のさらなる発展を願って、1984年以降、アルフレッド大学、ケース・ウエスタン・リザーブ大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ワシントン大学に寄付を行いました。寄付は各大学に設置された「京セラ教授職」に就任した教授の研究活動や留学生・研究員の受け入れなどに役立てられています。京セラでは、京セラ教授との研究交流会を定期的に開催し、オープンイノベーションを推進しています。

画像:京セラ教授たちとの研究交流会
京セラ教授たちとの研究交流会(MITにて)

京セラファインセラミック館

1998年に本社(京都市)に、将来のファインセラミック技術や産業の発展に役立つよう、京セラが培ってきた技術の歴史と最先端事例を紹介する展示施設を開設し、一般に無料公開しています。本社施設はショールームと併設しており、毎年多くのお客さまにご来館いただいています。

画像:京セラファインセラミック館(本社)
京セラファインセラミック館(本社)

京セラ文庫「英国議会資料」の寄贈

1998年、1万2千冊余にのぼる19世紀から20世紀の英国議会文書を「京セラ文庫『英国議会資料』」として国立民族学博物館に寄贈。2006年に京都大学地域研究統合情報センターに移管され、研究資料として活用されています。

画像:京セラ文庫「英国議会資料」
京セラ文庫「英国議会資料」