THE NEW VALUE FRONTIER

労働安全

京セラグループ環境安全方針

京セラグループでは、経営理念を基本とし、「京セラグループ環境安全方針」を通じて、従業員が安全で安心して働ける職場環境づくりを進めています。
近年の労働災害発生状況は、2010年度をピークに減少傾向にありますが、抜本的な改善には至っておらず横ばいの状態になっています。
災害発生の主要因、取り組むべき課題として、未習熟者に対する安全配慮(教育・訓練)の不足や、作業に潜在しているリスクの抽出不足が見られます。
そのため、リスクアセスメント実施体制の構築、リスク抽出・改善活動の強化を図ると共に、未習熟者に対する教育体制再構築の検討や、新しい形の危険体感教育などを実施して参りました。
また、中長期的には全員参加で安全管理活動を行うことで、相互啓発が出来る職場=安全文化が醸成された職場・オペレーショナルエクセレンスを目指して参ります。

京セラグループ環境安全方針

法令およびその他事項の遵守

  • 環境安全に関する法令、当社の同意した事項および自主基準を遵守します。

地球環境に貢献する商品の提供

  • 地球環境の改善に貢献する商品や、製品のライフサイクルを通して環境負荷を低減した商品の研究・開発および普及・拡大をはかります。

持続可能な社会への貢献

  • バリューチェーン全体で温室効果ガス排出量を抑制し、脱炭素社会への実現に貢献します。
  • 環境負荷の少ない資源の調達、新規資源投入量や廃棄物排出量の最小化に努め、持続可能な資源の利用をはかります。
  • すべての工程における化学物質の適正管理により、環境汚染の防止に努めます。
  • 自然環境への負荷を極小化し、守り育てることにより、生物多様性保全を促進します。

従業員の健康・安全確保と事故災害の防止

  • 事故災害の無い安全で安心して働ける職場の実現に向けて、事業活動に関わる全ての人が全員参加で活動を行う企業風土をつくります。
  • リスクアセスメントを実施し、危険源の除去および労働安全衛生リスクを低減することにより、事故災害の防止をはかります。
  • 心身の健康増進をはかり、従業員が健康で働きがいを感じ、能力を最大限発揮できる労働環境をつくります。

ステークホルダーコミュニケーションの実施

  • 様々なステークホルダーとコミュニケーションをはかると共に、社会貢献活動への参画・支援を行います。

環境安全マネジメントシステムの運用

  • 事業活動にあたり、マネジメントシステムの運用を通じて、経営理念を基本とした環境安全に関する取り組みを積極的に推進し、環境安全パフォーマンスの継続的な改善を行います。

2020年4月1日
京セラ株式会社 代表取締役社長
谷本 秀夫

目標

京セラグループでは、労働災害の抑制、火災事故の発生ゼロについて目標を定めた「京セラグループ環境安全目標」を設定しています。

京セラグループ(日本国内)休業災害度数率

項目 2020年度目標 2021年度目標
作業行動性災害度数率
(休業・不休含む)
0.40 0.52
火災等事故件数 0 0

労働安全の推進体制

京セラグループでは、労働安全衛生マネジメントシステム(ISO45001)にもとづき、管理体制を構築し、労働安全衛生に関する取り組みを推進しています。

環境安全マネジメント体制

図:環境安全マネジメント体制

2020年度総括

京セラグループ(日本国内)の災害度数率の推移

2020年度の京セラグループ(日本国内)の休業災害度数率は、全製造業および電気機械器具製造業の平均を下回る0.30でした。対策を強化するため労働災害を分析し、作業行動性災害(休業・不休含む)に重点を置いて対策を取った結果、度数率は0.75(目標0.40)となりました。火災については3件(目標0件)となりました。
また、海外関連会社における休業災害発生件数は、45件となっております。各国において発生した災害については、原因調査を行い、危険源の排除などの安全対策を実施しております。
今後も、安全で安心して働ける職場環境づくりを目指し、労働災害の低減に向けた取り組みを推進していきます。

休業災害度数率

図:休業災害度数率

全製造業・電気機械器具製造業の休業度数率は厚生労働省のデータを使用。

休業災害度数率・被災者人数/百万時間(休業日数は、厚生労働省の基準に従う)

厚生労働省の度数率は、年度データを使用。(休業1日以上)

京セラおよび京セラグループ(日本国内)の休業度数率は、年度データを使用。(休業1日以上)

京セラグループ(日本国内)業務上疾病度数率

  2018年度 2019年度 2020年度
業務上疾病度数率 0.18 0.07 0.21

業務上疾病については、日本労働基準法施行規則別表第一の二に該当するもの全てを対象に算出(物理的因子、作業態様に起因、化学物質による負傷等を含んでいます。)

主な取り組み事例

リスクアセスメント

日本国内では、事故災害を防止するため、各拠点でリスクアセスメントトレーナーおよびリスクアセッサーを選任し、リスクアセスメントを展開しています。リスクアセスメントトレーナーやリスクアセッサーは、実習や研修でリスクアセスメントに必要な基礎知識やスキルを習得した上で、リスクアセスメントを実施し、適切なリスク抽出・評価により危険性を把握した上で対策を実施し、災害の未然防止に繋がるリスクアセスメントを実施しています。
今後も改善を重ね、効果的なリスク抽出方法の確立やリスクアセスメントトレーナーやリスクアセッサーの力量向上を図り、災害防止に有効なリスクアセスメントを実施して参ります。

リスクアセスメントの概要

図:リスクアセスメントの概要
画像:リスクアセスメントトレーナー実習
リスクアセスメントトレーナー実習
画像:リスクアセスメントトレーナー研修
リスクアセスメントトレーナー研修

バーチャルリアリティ(VR)を用いた危険体感教育の実施

京セラでは、VRを利用した危険体感教育を実施しています。作業経験の浅い従業員が危険を疑似体感することで作業に潜む怖さを体感し、危険感受性の向上を図るとともに、安全行動を意識することによる労働災害の抑止に努めています。

画像:プレス挟まれ体感教育の様子(鹿児島国分工場)
プレス挟まれ体感教育の様子(鹿児島国分工場)

VR危険体感教育コンテンツ

画像:階段転倒・ベルト挟まれ・プレス挟まれ

定期的な環境安全巡視の実施

京セラでは工場長・事業所長や法定管理者が随時、職場巡視を行っていますが、それに加えて、全社環境安全担当役員も定期的に環境安全視察を実施し、職場内のリスクや課題共有を行うとともに、従業員の安全意識向上をはかっています。

画像:全社環境安全担当役員による環境安全視察
全社環境安全担当役員による環境安全視察

構内安全作業説明会の開催

京セラグループでは、各拠点に作業や工事等で入構されるお取引先様の事故防止を目的に、定期的に構内安全作業説明会を実施しています。説明会では、構内での安全作業ルールや事故防止のための活動について説明し、京セラの工事担当者とお取引先様の相互で安全防災への意識を再確認しました。

画像:安全作業説明会(滋賀蒲生工場、滋賀八日市工場)
安全作業説明会(滋賀蒲生工場、滋賀八日市工場)
画像:安全作業説明会(滋賀野洲工場)
安全作業説明会(滋賀野洲工場)
画像:安全作業説明会(鹿児島川内工場)
安全作業説明会(鹿児島川内工場)

環境安全技術交流会の開催

京セラグループでは、海外生産拠点の環境安全管理レベルの向上と情報共有を目的に、定期的に環境安全技術交流会を開催しています。
京セラ本社と中国国内の京セラグループ拠点より管理者及び技術者が出席し、各拠点における環境安全上の課題と改善策の発表を行うとともに課題研究、技術情報の共有をし、中国国内各拠点の環境安全管理レベルの向上を図っています。
今後も、海外拠点の環境安全管理維持・向上のためにさまざまな活動を展開していきます。

画像:技術交流会(上海京セラ電子有限公司)
技術交流会(上海京セラ電子有限公司)
画像:技術交流会(上海京セラ電子有限公司)
技術交流会(上海京セラ電子有限公司)

京セラパーフェクト5S推進活動

京セラグループでは、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)は仕事をするうえでの基本となることから、完璧な5Sをめざした「京セラパーフェクト5S推進活動」をグローバルに展開しています。各職場では、全社共通のチェックリストを用いて定期的に5S達成度を評価し、5S管理の徹底をはかっています。この活動では改善すべき点を各職場の課題としてとらえ、全員参加で改善を行っています。なお評価は、5S教育を受講して活動の目的と効果を理解した方が公平かつ公正な評価を行うことで、より客観的な視点で判断できるようにしています。これらの活動により安全で安心して働ける職場環境づくりと社員一人ひとりの5Sに対する意識改革と感性アップをめざしています。

画像:5S評価者教育の現場説明(北海道北見工場)
5S評価者教育の現場説明(北海道北見工場)