THE NEW VALUE FRONTIER

経営哲学

京セラグループ経営の原点

京セラグループ経営理念

「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」

京セラグループの経営の原点は、創業者である稲盛和夫が掲げたこの経営理念にあります。
お客様や社会の求めに応じて、常に新しいものに挑戦する。このチャレンジの過程で直面する困難を乗り越え、新しい製品やサービスを提供する。このことが会社を成長・発展に導くと同時に、京セラグループで働く社員のいきがいや、やりがいといった心の豊かさの実現、社会への貢献につながっています。
創業当初から変わることのない経営理念の実現に向けて、私たちは、日々、企業活動を続けています。

理念を実現するための考え方

京セラフィロソフィ「人間として何が正しいか」

京セラグループは、経営理念の実現を目指すための考え方として、「京セラフィロソフィ」を全社員で共有しています。この「京セラフィロソフィ」は、創業者稲盛の実体験や経験則に基づいた経営哲学、人生哲学です。ここには「人間として何が正しいか」をベースとした基本的な倫理観、道徳観、社会的規範に従って、常に公明正大かつ、成長発展を目指す経営の考え方が示されています。

「京セラフィロソフィ」は、次の4つの要素から成り立っています。

「会社の規範となるべき規則、約束事」

京セラグループを経営していく規範、企業内で必要とされるルール・モラルを示しています

「企業が目指すべき目的、目標を達成するために必要な考え方」

企業が目指すべき、高い目標を達成するための考え方、また、取るべき行動を具体的に述べています

「企業にすばらしい社格を与える」

人間に人格があるように、企業にも人格があるはずです。会社の人格、つまり「社格」が大変立派であり、世界中から「立派な社格を備えた会社だ」と信頼と尊敬を得るための考え方を示しています

「人間として正しい生き方、あるべき姿」

私たち一人ひとりが、よりよい人生を送るために必要な人生の真理を表しています

私たちは、このフィロソフィを知識として理解するのではなく、日々の仕事や生活において実践していくことを大切にしています。この実践に向けた弛たゆまぬ努力が、正しい判断を下す「心」を養い、私たちの人格を磨くことになります。そのようなフィロソフィを共有した社員が集う組織には、強固な意志、そして夢と希望にあふれる明るい未来が必ず拓けることと確信しています。

理念を実現するためのシステム

アメーバ経営、京セラ会計学

京セラグループは、経営理念の実現のために、「アメーバ経営」という、独自の経営管理手法を採用しています。会社の組織をアメーバと呼ばれる小集団に分け、その集団を独立採算で運営する経営システムです。アメーバを構成するメンバー一人ひとりが、自分たちのアメーバの採算を向上させるために、日々の事業活動に主体的に参画します。アメーバの採算は、時間当りいくらの付加価値を創出したかという独自の指標を算出します。それぞれのアメーバの時間当りは、メンバーにも公開されているため、自分たちの仕事の結果が経営にどう反映されるかを、リアルタイムに知ることができます。また、好成績を挙げたアメーバが高い報酬を得るわけではありません。生み出した付加価値は京セラグループという集団全体、すなわち運命共同体に貢献するものだからです。この「アメーバ経営」による全員参加経営とモチベーションの向上こそが、私たちの強さの源泉となっています。

さらに、「アメーバ経営」を支えているのが「京セラ会計学」です。会計は企業経営の􏘩羅針盤􏘪の役割を果たす重要なものです。京セラグループは公明正大で透明性の高い「ガラス張り」で経営することを大切にしています。「京セラ会計学」は、アメーバの経営実態とその進むべき方向を正しく把握するための実践的な会計原則となっています。これらの実践的な経営システムが、京セラグループの盤石な財務基盤を支えています。

経営理念とともにある「共生の思想」

創業以来、発展し続けてきた京セラグループの原点は、経営理念の実現を目指して、常に新しい技術や新たな領域に挑戦してきたことにあります。それは京セラグループだけの発展を願ってのものではなく、共に生きる(Living Together)、すなわち共生の精神に基づくものです。京セラは、会社が成長してきた中で、1970年代から「自然との共生」「社会との共生」「世界との共生」をベースに企業活動は行われるべきだとする共生の思想を貫くことを明確化しました。「自然との共生」とは、自然環境の循環系を乱すような経済行為ではなく、共生と循環のバランスをとった倫理が企業には求められるというものです。「社会との共生」とは、従業員、お客様、お取引先様、株主など、社会全体に満足を提供してこそ、長期的な繁栄を続けられるという考え方に基づいたものです。そして、「世界との共生」とは、企業のグローバル化においては、その地域の文化や歴史を深く理解し、その地域の発展への貢献を目指すことです。これら3つの共生の思想は、今もなお京セラグループの事業活動に脈々と受け継がれています。

図:セラフィロソフィをベースとした経営管理手法

1959年創業

―信じあえる仲間とともに

1959年、稲盛和夫は7人の仲間とともに、京都セラミック株式会社を創業しました。当時、十分な資金も、満足な設備・機械すらありませんでしたが、稲盛を支えたのは、家族のように苦楽をともにし、お互い助け合える心と心で結ばれた仲間でした。この時から稲盛は、固い「絆」と「信頼」に基づいた、パートナーシップを基礎とした会社を経営しようと決意。これが私たち京セラグループの原点となり、礎となっています。

画像:信じあえる仲間とともに

稲盛ライブラリー

―創業者 稲盛和夫の経営思想を広く世に伝える

2013年、本社南隣に移設された稲盛ライブラリーは、稲盛の生い立ちから現在に至るまでの足跡と活動、およびその経営思想を伝えています。当初は、京セラグループ内の理念継承を目的にスタートしましたが、今では広く一般の方にも公開し、学生から経営者まで、年間、全世界からおよそ2万名を超える方が来館されています。

画像:創業者 稲盛和夫の経営思想を広く世に伝える

Message

理念を継承し、社員も会社も成長・発展する、活力ある京セラグループであり続ける

京セラグループの強さと成長の源泉は、高い目的意識を持って、常に向上し続ける社員と組織にあります。そのベースにあるのは「京セラフィロソフィ」であり、私たち京セラグループの精神的支柱となっています。この原理原則に基づいた共通の判断基準と高い倫理観に裏打ちされた行動規範、常に向上を目指す風土の中で、京セラグループの社員は自発的、自立的に行動し、よりよい製品やサービスの提供を目指して、チャレンジし続けるのです。一人ひとりの社員がいきいきと働き、やりがいといきがいを感じられる場、そして、世の中の進歩発展に向けてアグレッシブに挑戦と創造を続ける京セラグループのDNAを、私たちは後世に継承し続けていきます。

画像:執行役員 総務人事本部 稲盛ライブラリー館長 兼 フィロソフィ推進部長 橋浦 佳代
執行役員 総務人事本部
稲盛ライブラリー館長 兼 フィロソフィ推進部長
橋浦 佳代