THE NEW VALUE FRONTIER

サステナビリティマネジメント

世界で多くの社会課題がある中、企業が持続的に成長していくためには、社会課題の解決を事業につなげ社会に貢献することが重要と考えています。京セラグループは、社会と京セラグループの双方が持続的に発展できるよう、サステナブル経営に取り組み、事業を通じた社会課題解決につながる価値を提供していきます。

サステナブル経営を支えるマネジメント体制

経営理念の実現とSDGsの達成を目指すため、京セラグルーブでは、社長を委員長とし、取締役を含むトップマネジメントが出席するCSR委員会を年2回の頻度で開催しています。


画像:CSR委員会体制・CSR委員会・CSR委員会規定

サステナブル経営の推進

京セラグループは、多くのステークホルダーのご意見を取り入れながら、事業運営による社会課題の解決を目指しています。

画像:情報開示

事業運営による社会課題の解決

京セラグループの経営理念は、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」です。経営理念の実現は、国際的な目標であるSDGsの実現にほかならず、社会課題の解決に資する企業活動は我々の使命と考えています。

画像:SDGsアイコン一覧

サステナブル経営における重要課題の選定プロセス

京セラグループは、社会情勢、国際社会の動向や取り巻く外部環境、ステークホルダーダイアログを通じて把握した社会課題や経営課題に重要性などを考慮し、京セラグループが取り組むべき重要課題(マテリアリティ)について京セラグループCSR委員会で審議のうえ特定しています。特に事業を通じて解決する重要課題については、決裁基準に応じて京セラグループ経営委員会または取締役会の承認を得ています。選定した重要課題に取り組んでいくためのリスクと機会を整理し、4つの重点市場に経営資源を集中させ、社会課題の解決を実現する事業開発と経営基盤の強化により、社会的価値および企業価値の向上を目指します。


情報開示

株主・投資家の皆様をはじめ、あらゆるステークホルダーの皆様にに対して、サステナビリティに関する取り組みや目指す姿について理解を深めていただくために情報公開を進めています。

統合報告書

京セラグループの価値創造プロセスや目指す姿について、理解を深めていただくことを目的に2019年度より定期的にWebサイトにて公開しています。


サステナビリティWebサイト

京セラグループの活動内容について、随時、ステークホルダーの皆様に最新情報を開示しています。


ステークホルダーエンゲージメント

社会課題の把握や課題解決のため、ステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを高め、皆様のご意見を参考に意思決定を行っています。

地域社会との対話

京セラグループ(日本国内)では、重要なステークホルダーのひとつである地域社会との双方向のコミュニケーションを一層活発にすることを目的として、2004年度より「京セラグループCSR報告会」を定期的に開催しています。報告会では、工場が立地する地域の住民、お取引先様、行政、近隣企業など、さまざまな方をお招きし、京セラグループならびに各拠点の経済、社会、環境の取り組みを報告し、人権・労働、安全衛生、環境、公正取引・倫理など、CSRの取り組みに対する意見交換を行っています。なお、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を見送りました。

画像:CSR活動の紹介(京セラドキュメントソリューションズ株式会社 枚方工場)
京セラグループCSR報告会(2019年11月実施)