THE NEW VALUE FRONTIER
  1. Home
  2. 知的財産
  3. 知財ニュース一覧
  4. 人工股関節の長寿命化が期待される表面処理技術「Aquala®」(アクアラ)特許が全国発明表彰 経済産業大臣賞を受賞

知的財産

IP NEWS知財ニュース

人工股関節の長寿命化が期待される表面処理技術「Aquala®」(アクアラ)特許が全国発明表彰 経済産業大臣賞を受賞

京セラの医療用インプラント技術

ファインセラミックスやチタン合金は、その特性として高い生体内親和性を有していることから、人工関節や人工歯根といった埋め込み型の医療用インプラントにおいても活用されています。
これら医療用インプラントは、疾患や骨折により機能を喪失した器官を置き換える形で人体に埋入され、歩行能力や咀嚼機能といった人体機能の回復を図るための医療機器です。
京セラでも、これまで培ってきた材料技術をもとにこの分野に注力しており、医療用インプラントの製造販売だけでなく、健康長寿社会の実現に貢献すべく産学官連携による新技術の開発にも注力しております。

 

「Aquala®」が全国発明表彰 経済産業大臣賞を受賞

この度、東京大学と共同開発した表面処理技術「Aquala」(アクアラ)の発明(特許第4963838号)について、公益社団法人発明協会が主催する「平成30年度全国発明表彰」の「経済産業大臣賞」を受賞しました。
本技術は、人工股関節を構成する寛骨臼(かんこつきゅう)ライナーに用いられる表面処理技術で、人体の細胞や組織と親和性の高い生体親和性ポリマーにより、関節軟骨と類似した表面構造を付与するものです。これにより人工股関節置換手術の予後管理において課題とされている人工股関節のゆるみの原因たる摩耗粉の産生を抑制し、生体内における人工股関節の耐用年数の延伸を図ることが期待されています。なお、本技術を採用した人工股関節は、2011年4月28日に厚生労働省より製造販売承認を取得し、これまでに国内で4万5千症例以上の手術に使用されています。

京セラは今回の受賞を励みとして、今後も材料技術を広く活用し、健康で豊な生活を実現する新技術を提案し続けてまいります。


特許第4963838号 PDF(258KB)

  • Facebook
  • Twitter